NPO法人 森づくり奈良クラブ  <会報 53号> 
                            
平成26110日発行

主な活動の記録 (10月〜12月)
1012日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
平城山ベースキャンプで活動されている「奈良・人と自然の会」藤田会長と阿部
顧問の来訪を受け、当クラブ理事と懇談。その後一部作業にも参加され適切な
アドバイズを頂いた。活動としては、午前中FV連の「緑の募金公募事業:森林の
整備と連携して行う普及事業」として一般参加者を募集しての「森林作業体験:
竹林の伐採」に参加。チッパーをフル稼働させて整備を行った。枝葉が多く伐りた
てのせいかチッパーが目詰まりを起しやすく、頻繁に掻き出し作業が必要であっ
た。午後は、前回の作業で残っていた国道沿いの竹やぶの処理(完了)と、次回
FV連が実施予定の参加者を公募しての間伐体験の準備として選木作業と午前
中の続きの竹伐りの3班に分かれ作業を実施、気持ちいい汗をかいて無事終
了。

1016日(水)  荒廃したふるさとの森林を地域の森林ボランティア団体と連
携して再生=「緑の募金」公募事業=矢田山遊びの森 飛鳥里山クラブの養成
講座受講生並びにそのOBと事務局合わせ35名の参加を得て実施。共同作業と
交流の集いを持った。当クラブ理事長の歓迎の挨拶に続き、オリエンテーション、
情報館内でパワーポイントを使ってのクラブ紹介そして質疑を行い、作業地であ
る頂上展望台近くまで半時間強のハイキング。現地で既に作業を行っている当ク
ラブ員と合流し展望台下で交流を図りながらの昼食。昼食後、作業要領の説明を
聞き、人工林内に浸食した竹を当クラブ員の指導を受けながら伐採、整理を進め
た。中にはノコギリを持つのが初めての人もいたようだが、熱心に取り組んだお
かげで短時間ながら、人数が多いこともあり、整備が進み明るさを取り戻した。作
業終了後、チッパーによる竹の処理を見学、放置棚田跡地を整備し植栽した
んなの森を経由し戻り、炭窯の説明を受けて後、料理体験館で反省会を持ち3
時前には全ての予定を無事終了。皆は一様にしんどいながらも楽しんだ模様。

1019日(土)  春日奥山国有林「ふれあいの森」 除伐
心配された雨も上がり、7名が参加。一昨年の降雪による、スギの樹冠が飛んだ
り、裂けて立枯れとなった28本全てを除伐、玉切りし棚積みをした。他に多数の
倒木があり、ドライブウェイのすぐ側にて、景観上も考えこれらを整理処理した。
雨がぱらついてきたので午後の作業は中止し帰る途中、「古事の森」に立寄り生
育状況を覗き見て解散。木々は順調の育っており、数年後の紐打ち又その後の
枝打ちまでお互い元気で頑張ろうと話し合った。

106日〜19日 「2weekパネル展」 
奈良市協働推進課主催により奈良市ボランティアセンターで開催された。同市内
で活動する各ボランティアグループ・NPO・市民公益活動団体が日頃の活動のPR
をパネル展示を通して行うもの。922日より1116日まで開催され、この間各
団体が二週間交替で展示。当クラブは上記期間が割り当てられ実施。用意した
活動への参加呼び掛けのチラシは半分ほどが捌けていた。

1026日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
午前中はFV連「緑の募金」公募事業である森林の整備と連携して行う普及啓
20数名が参加。モミジ谷で二班に分かれ間伐、雑木の除伐を行った。人工
林は結構背の高いものにて、掛かり木や絡んだツルの処理に梃摺ってずってい
た。午後は大半が自然観察路の点検整備作業をAコースで実施。一部はチェン
ソー の手入れ・目立て行った。

1030日(水)  「潤いの森」下草刈り  日笠町
6
名に山主さん(女性)も加わり、7月に続き本年二度目の植栽地下草刈りを実
施。茶畑跡地だけに日当たりがよく、雑草(特に萱)の繁茂が激しく植栽木を凌駕
しており、下刈り器と手鎌で丁寧に刈り取った。
午後近くの里山の植栽地では、急斜面での作業故、手鎌だけでの作業となった
が、日当たりがあまりよくないためか、草は大したことないため比較的早く作業を
完了。
                                    
    
113日(日)  自主活動  矢田山遊びの森 
11
名が参加。大半は展望台近くでの竹伐り作業。昼前に雨脚が強まってきたの
で早目に切り上げ、午後は交流館で竹クラフト用の材料づくりを行った。一方、こ
の日子ども交流館にフォレスターうじの会員29名が揃いのユニフォームで小
型バス二台に分乗しての来訪あり。午前中当クラブの活動紹介と情報交換の時
間をもらいパワーポイントを使って設立から今日までの活動の集大成を見てもら
った後、非常に活発な質疑があり、お互いの活動内容の理解を深めた。午後当ク
ラブが季節毎に実施している親子自然観察会に参加頂き、3班に分かれそれぞ
れに森林イストラクターでもあるクラブ員がつき、Aコースを案内。最後に炭窯と
側にあった県から借り受け中のチッパーを見学し説明を行った。ここでも種々の
質問を受けた。
 

119日〜10日  やまと海づくりフェスタプレイベント  まほろばキッチン
来年当県で開催されるこのフェスタPRのためのイベントの一環として行われ、県
からの要請を受け、体験コーナでネイチャークラフトの指導をクラブ員延べ10
が二日間に亘って実施。親子づれ400名近くがブースを訪れ思い思いの作品づく
りに取り組んだ。一日目は、日頃当クラブが矢田山遊びの森で実施している人工
林を浸食している竹の伐採作業から出た竹を使って、笛・置物・菜箸・ガリガリト
ンボ等、二日目は森の恵みである小枝や木の実を使ってのモックンや、木の輪切
りでモクマル等をつくり、子供達は早速鳴らしたり遊んだり大いに楽しんでいた。

119日  定例活動  矢田山遊びの森
参加者18名。FV連「緑の募金」公募事業で、二回目となるモミジ谷追分梅林方
面の竹林整備活動に参加。竹専用チェンソーと竹ノコを使って伐り倒し、竹チッ
パーで粉砕処理した結果、渓流の両岸は見違えるような景観となった。

1116日〜17日  村おこし支援隊  ぬるべの郷(曽爾村塩井地区)
「緑と水の森林ファンド」公募事業として、FV連主催で開催され当県よりは、当ク
ラブ員9名に加え、2団体8名、和歌山県・三重県各5名計27名が参集、過疎地
村おこし支援活動2日間に亘り展開。16日、開会式後 @草刈り A竹切
り B人工林の除伐に分かれ、それぞれ同地区から西口区長他4名の指導者の
下、紀伊半島三県のボランティアが交流を図りながら共同作業を実施.。夕刻、宿
舎研修室で漆ぬるべの会吉田会長よりうるし発生の地でのうるし再生にいたる
経緯、育苗・育樹の苦労話等をまじえながら「日本のうるし文化」にかける思いを
講演頂いた。夕食を取りながら懇親会では日頃の活動・課題等の情報を交換をし
ながら大いに盛り上がった。
17
日、朝一番に、うるしの原木を見学後、前日と同じ編成での作業を正午まで継
続。研修室に戻り昼食後の反省会で活発な意見・感想が発表され、最後には観
音岳森づくり栄林の会辻氏からは「伊勢音頭」が飛出し、これに合わせて皆は手
拍子を取り和気藹々の内に閉会。最後に区長より、お陰で綺麗にしてもらい住人
は喜んでいるとの謝辞がありお開き、それぞれの帰路についた。作業班別の活
動報告下記の通り。 
<草刈り班>メンバー11名が二手に分かれ、うるし植栽地では手鎌で坪刈り
後、一部は苗畑見学後別の植栽地での坪刈り、残った者は苗が植わっていない
部分の草を刈払機で刈り取った。一方植栽地外では、ゴミ集積所付近の笹を刈
払機で整備。2日目は、うるし原木(昨年うるしかきをした木)へのアクセス2か所
の草刈り、藪状態のところは刈払機で、斜面は手鎌で実施。刈った草を谷へ落と
し、遠くからでも原木が見えるようになった。                    
<竹切り班>メンバー8名が2組に分かれ、A組は民家の裏山で屋根にかかりそ
うな大きな竹や雑木の除伐をロープを使ってコントロールしながら伐倒。見違える
ほど明るくなり、所有者は大いに喜んで、おやつの差入れも頂いた。B組は作業
地が急峻な川辺りにて川への転落を防ぐため切った竹で柵を作りながら作業を
進めていった。両組とも無事に予定を終了。
<人工林除伐班>8名が区有林で風害・鹿害による立枯れや樹冠の飛んだもの
の除伐を二人一組でチェンソーを使い実施。まず安全を期してロープ掛けして伐
倒するため、指導者からロープワークの手ほどきをしてもらってから、十分な間隔
を取って作業を進めた。2日目は大径木を安全に倒すため、チルホールとくさび
を使ってのデモンストレーションを見学してから、前日同様の除伐作業を続けた
結果、かなりの本数の除伐が出来、恰も木を敷き詰めたようであった。

1118日(月)  環境出前講座  辰市バンビホーム   
クラブ員3名にて、森林環境教育とクラフト指導を行った。森林の働きとその利用
・現状と我々の活動の概要を説明。次いで我々が日頃の活動の一つとして竹林
の拡大を防ぐため竹を切っている竹を利用して「ウグイス笛」と季節なので「どん
ぐりごま」づくりを女の子と男の子のグループに分かれ指導した。笛が出来た子
から、どんぐりに穴をあけ、竹ひごを差し込み出来上がり。簡単なのでひとりでに
何個も作り、回り方の違いを楽しんでいた。更に時間があり笛をもう一つ作り、鳴
らしたり、こまに色づけしたりしている子もいた。今回は参加した子供が7人と少
なかったため、ゆっくりと指導が出来た。


1120日(水)  自主活動  矢田山遊びの森
雨模様ながら9名が参加。数名で頂上展望台下の法面に植えたサクラが傾いて
おり、簡易チルホールを使って引き起こし作業を試みたが以外に重くかつ根もし
っかり張っているためか上手くいかず、引き返して大き目のチルホールを持ってき
てこれを使い漸く起こすことに成功。他は竹林で先日切った竹や木の枝の処理・
片付けをチッパーを使い行った。雨風が強まり、今年初めて指がかじかむ程の寒
さ故、昼に引き上げて今日の活動を終えた。

1123日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
一般参加2名を含め24名で、FV連「緑の募金」公募事業、間伐体験に参加。二
手に分かれ、モミジ谷付近のヒノキの間伐と皮むき作業を実施。樹高が高いもの
多くどうしても掛り木となりこの処理にかなり梃摺った。午後シイタケ植菌ホダ木
用にコナラ5本を切り取った。又数名は情報館に戻り、クラフト材料の準備を行っ
た。この日初めての一般参加者2名には、ベテランの会員がマンツーマンでの指
導にあたり、ノコギリを使っての伐倒の基本を学んでもらった。かなり興味を持って
もらったようで今後の継続的な参加を大いに期待。

127日(土)  森林作業体験  奈良北高校
同校2年生の有志45名と先生並びに育友会の方々が早朝から定刻前に集合。当
クラブ員7名が指導にあたった。
理事長より当クラブの活動内容の紹介後、5班に分かれそれぞれクラブ員が指
導員としてついて、グランド周辺のスギ林で作業の意義・手順・留意点を説明の
上、間伐作業(ノコギリによる伐倒・枝払い・玉切り)を体験。所々に大きく枝を張
ったサクラの木に掛り木となりこの処理に手をやいている班もあった。休息後、場
所を駐車場に変えて、森林の役割、COP19を踏まえて地球温暖化問題について
説明。最後に竹を使った笛・トンボを作り、早速鳴らしたり、飛ばしたり又ツルを編
んでリースを作り頭に乗せたりして楽しんでいた。 

1214日(土) 定例活動  総会  矢田山遊びの森
寒い朝ながら、定刻に朝礼開始、準備体操をして、大半がFV連「緑の募金」公募
事業で前回実施の除間伐で伐り倒したコナラはホダ木に、ヒノキは炭材用に玉切
りし搬出。昼には料理体験館で女性を中心に朝から準備頂いた餅入りトン汁で冷
えた体を温め。一時から予告通り第5回総会を開催。この日の出席者27名と委
任状4通もあり、定足数の充足を確認し開会。理事長からこの一年、会員皆の協
力の下、予定の活動を無事に終えられたとの挨拶に続き、議長選出後議事に入
った。
  第1号議案 平成24年度 事業報告
  第2号議案 平成24年度 収支報告、監査報告
  第3号議案 平成25年度 事業計画
  第4号議案 平成25年度 活動予定
何れも原案通り可決。その後、今後の運営に関し幾つか質疑があって閉会。この
後、芝生公園中ほどの四方竹(四角い竹)林の整備、炭窯周辺の整理・整頓、料
理体験館の片付け・清掃を分かれて行い終了。

1219日(木)  環境出前講座  都跡バンビホーム
森林環境教育とクラフト指導を6名で実施。クラブの活動内容とメンバーを紹介し
た後、参加児童80名が6班に分かれ、それぞれクラブ員が指導について、森林
環境教育として、森林の働き・役割について班毎に話し合うグループディスカッシ
ョン形式を初めて試みた。各班考えが出尽くしたのを見図り、班別に発表させた。
これを集約すると概ね考えられる項目を網羅していた。次いで竹笛づくりを指導。
まず笛本体となる太目の竹にネズミ錐で穴を開けさせて、次いで吹き口となる細
目の竹をグル−ガンで固定し出来上り。これに極く細い竹の小口切りをつけ口や
耳に見立て小鳥のようにする者もあった。今回は一か所で大人数のため、かなり
の喧騒の中での指導となった。本年のバンビホーム(学童保育所)での環境
出前講座は今回で5ヶ所目となり、参加児童の数も300名を超えた。 

1226日(木)  定例活動  矢田山遊びの森
4土曜(定例活動日)の1228日は、矢田山遊びの森が休日のため、本日に
振り替へ今年最後の活動を行った。天気予報は午後から雨とのことであったが、
17名が参加。午前中は、倉庫内の道具、機械類の在庫点検及び清掃・整理を行
う班、炭窯周辺の片づけ、整理を行う班、ミニ門松づくりの竹材を準備する班、給
湯の準備をする班の4つに分かれ活動した。本日の昼食は、各自弁当持参なが
ら、今年一年安全に活動できたことに感謝し早めの「年越しそば」(おもち入り)が
ふるまわれ、賑やかに歓談した。午後は、幸い曇り空が続き一部は倉庫内道
具、機械類の在庫点検を続け、残りは給湯等の片づけ、ミニ門松づくりを行った
のち、午後、230分頃終礼を行い、「来年もよろしく、良いお年を!」と解散した。