NPO法人 森づくり奈良クラブ  <会報 51号>
                           
平成25712日発行
主な活動の記録 (4月〜6月)                
46日(土)  「緑の募金」 街頭募金活動  県庁前
生憎の空模様ながら、家族づれも含め11名のクラブ員が参加。幟を立
て、子供用に風船を膨らませ、準備が整った頃から雨が降り出したも
のの予定通り協力の呼びかけを開始。奈良公園の花見は最後
の週末
ながら、天気予報で盛んに注意を促していたせいか、道行く人は少な
かったが、傘を手に財布を出しづらいにも拘らず多数の方々からの協
力を頂いた。恒例となったミス奈良3名、ビーバーを含む多数のガール
スカウトの応援に加え、時折現れるせんとくんの呼びかけはさすが効
果大。昼前に活動は終了。
 
4月13(土)  定例活動  矢田山遊びの森
31
名が参加。午前中大半は本年度より手がけている頂上展望台近く
の竹の除伐作業。お昼には、花見会が予定されているため、早めに切
り上げ、峠池近くの広場で宴を張った。さくらは例年よりはやや早く、ほ
ぼ終わりかけているが、一部残っているヤマザクラや八重桜を愛でな
がら、この日早くから女性を中心にお楽しみ部会が準備の大盛りの焼
きそばを食した。食後、山と森林の月間協賛のイベントの内容の他、今
後の活動につき種々話し合った。

427(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者25名。朝礼。準備体操の後、まず炭窯前で皆が炭の出来栄え
を期待と不安の目で見守る中、釜開け。一瞬白い灰ばかりが目に飛び
込んできて、全滅かと思われたが順次取り出して行くと約半分は、質は
ともかく製炭出来ホットし、搬出作業者を残し、約半数は体験の森の植
栽地での草刈りに行った。
午後炭の小口切り、袋詰め作業。一部は料理体験館横の木橋の腐蝕
が目立つため撤去し、コンクリートブロックに置換えたり、自然研究路
の下見を兼ての自然観察を行った。

429(月)  緑化苗等配布  馬見丘陵公園
「緑の募金月間」の緑化推進キャンペーンの一環として、県緑化推進
協会による花苗や花種の配布を同公園内大型テントで実施のため、当
クラブ員14名が手伝った。ポットにラベルを貼り、花苗を入れたり、子
供用の風船を膨らませて準備完了。天候に恵まれ同公園に遊びに来
た家族連れが三々五々集まってきた11時頃、主催者並びに県の来賓
挨拶に続いて、緑化作品(絵画・標語)コンクール入賞者の表彰式が行
われた。お祝いに駆けつけたせんとくんと記念撮影をし記念式典が
終了。直ちに配布を開始。結構長い列が出来たが順次捌いていき、皆
はポットと花種を手に散って行き用意された千株ほどは12時半頃に配
布を完了。

511日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
前日からの雨が降り続いているにも拘わらず、新入女性1名を含む11
名が参加。多少小降りになり始めたので竹の除伐作業地に向かった。
新人も竹ノコギリの使い方の手ほどきを受け、早速作業に加わった。
昼になっても予報に反し、雨足が強まったため、まほろば展望台で雨を
しのぎながら昼食を終え交流館へ戻ることにした。途中タケノコ堀り、
雨のせいかそこそこの収穫。連休中に料理体験館でのバーべキュウ
の炭の利用が多かったので、炭の小袋詰めをし、以後の利用に備え
た。この調子では、次の炭焼きが急がれそう。
 

523日(木)  どんぐりプロジェクト  成長の記録
参加者(子供)より成長の記録レポートを受け、全国事務局へ転送しま
した。 早速、HPに事務局がコメント付け写真と共に掲載頂きました。
一度ご覧下さい。 www.donguri-project.com 成長の記録レポートを
クリックし5月分で見られます。


5
25日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
24
名が参加。午前中、大半は体験の森植栽地の下草刈りに入った
が、例年になく毛虫の異常発生に驚かされた。特にコナラは全ての葉
っぱが食い尽くされて丸坊主になったもの数本に加え、ほぼほとんど
の木に取りついているほか、多くの雑草さらには芝生に至るまで多数
が蠢いていた。
午後からは、3月にシイタケ植菌し仮伏せしておいたホダギ40数本を、
シイタケ銀行に運び込み、午前中に伐り出しておいた木で新たに置き
場を作り本伏せした。この間、一部はクラフトの材料の準備を行った。
この週末、鳥取県で開催の第64回全国植樹祭に理事長が出席した。


62日(日)  虫まつり  橿原市昆虫館
毎年同館が主催する虫まつりに参加された県中部農林振興事務所か
らの要請でクラフト指導として3
を派遣。いつもこのイベントは盛況で、
この日は800名近くが来館した由。そのためか特に午前中は子供
達が
ひっきりなしにきて来てくれ、木の実の殻や小枝等を使っての昆虫づく
や、竹のジージーゼミづくりに
取り組んだ。いつものことながら、子供た
ちは手許にある材料をフルに活かしてドンドン発想を拡げながら
作って
いく一方、付添の親も一旦作り始めると、子供を差し置いてはまりこん
でしまうしまつ。合間に昆虫
館が指導しての放蝶サービスミニ観察会
が催された。

68日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
使用期間が過ぎたヘルメットの更新あたり、(株)損害保険ジャパンより
ファンドの提供を頂き新品を購入、本日より着用開始に際し、朝礼時当
クラブ員でもある同社女子社員による贈呈式が執り行われた。早速各
自名前を記したラベルを付け記念撮影。気分も新たに大半はふるさと
の森植栽地での草刈り、5ほどが以前炭窯近くでスギを間伐し、そ
のままにしていたもの今秋実施予定の炭焼用にひっぱりだこを使って
搬出。
午後は自然観察路Cコースの点検整備と午前に続いての材の搬出と
に分かれて活動。

622日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
幸いにもこの日は梅雨の合間の晴れ、20数名が参加。朝礼時、今回
の定例活動は、前身のグリーンボランティアならクラブから通算して
400回目となる記念の日で、改めて場所を変えての記念行事を計画中
との発表があった。
午前中は、植栽地万葉の森ふるさとの森の下草刈りと自然観
察路Aコースの整備(セブンイレブン記念財団助成事業)とに分かれ活
動。
午後はクラフト材料(竹笛・ジージーゼミ用)の準備と竹除伐地での竹
の子採り。