●最近の主な活動の記録   

 

                                         

     7月6日更新

                           

平成30年
1月13日(土)  定例活動  矢田山遊びの森

本年最初の定例活動を行った。本日の参加者は16名。天候が気がかりでしたが
新年はじめの活動を祝うかのような好天に恵まれ
「年始の会」はじめ予定の活動を滞りなく終えることが出来た。年の初めのあわただしい中ではあったが、法人登録関連書類提出の関係で12月の総会で信任された理事6名(再任4名新任3名・内1名欠席)で最初の理事会が開かれ、理事長に鈴木秀位、副理事長に岡本治男、奥村伸一、お楽しみ部会長として海老澤千津子の各理事を選任、他の役割分担については次回理事会で協議する事を決議した。10時朝会でスケジュール説明の後、年末に時間の都合で不十分だった倉庫の整理・機材の点検と機器類のリスト作りを手分けして行った。11時半から大釜の下での焚火を囲んで「新年始め式」のために女性の皆さんに用意して頂いた甘酒で奥村副理事長の音頭のもと、これからも”安全作業と楽しい活動”が出来る事を願って乾杯した。午後には緑の募金事業・もみじ谷で間伐した材をシイタケ銀行で使用すべく搬出作業を行い、1430分本日の活動を楽しく終えた。峠池が薄氷で一面覆われ、一羽だけ残ったアヒルが寒そうに佇んでいた。

   
      新年始め式        材の搬出    凍った池

1月27日(土) 定例活動  矢田山遊びの森
前日の雪が残っている矢田山へ通じる道路が所々凍結し、諸車徐行をよぎなくされた。
本日の作業は、植栽地の草刈りを予定していたが、
途中の坂道が雪と凍結で危
険なため中止。代りにシイタケ銀行の柵用に前回モミジ谷から搬出したヒノキの皮む
き作業を、かじかんだ手に息を吹きかけながら行った。
朝会では、会員の紹介で、初参加の元気な自転車(マウンテンバイク)ギャルの入会挨拶があり、寒さが和らいだ気がした。 参加者11名。解散後理事会開催。
・法務局届け出の日にちの整合性を持たせるため、先の理事会決定の再確認
・理事の任務分担 機器担当 奥村、 燃料担当 奥
・FV連曽爾村での研修会参加費、前年同様5,000円に決定
・緑推からの委託事業ー矢田山の境界調査を2月27日〜3月14日の間、7日間延べ
 18人を予定

   
   新人紹介        参加者              皮むき作業
 
2月10日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者18名。「緑の募金」公募事業”モミジ谷での間伐と環境整備。間伐材を椎茸銀
行の柵の補修に活用するため、前回までに伐倒してきたヒノキ材を管理道まで引出
し、女性陣を中心に皮むき作業をし、軽トラを使い数回にわたって椎茸銀行まで搬送。
間伐、搬出したことによって林内は明るくなり、ハイキング道からの景観は、谷川にま
だ朽木が残るものの見違えるようになった。次回活動では、これら清流にある朽木を
整理する予定。
今日は女性陣の参加もあってか活動に活気が見られた。空模様が怪しくなってきた
ので、午後は機器の整備に整備にあてた。

   
 
  皮むき作業       搬出作業           整備が進む

2月21日(水)  自主活動  矢田山遊びの森
林野庁助成事業「森林・山村多面的機能発揮対策事業」で、みんなの森を参加者8名
が2班に分かれて作業。1班は頂上展望台へつながるハイキング道分岐部付近の枯
損木の伐倒、2班はそこから西側に進み、大伸社の森手前の斜面を中心に人工林に
繁茂した雑木を伐倒、笹刈りを行った。時間の都合で、伐倒した枯損木の処理が少し
残ってしまった。好天に恵まれ、気持ちの良い汗を楽しめた。

  
 
                    ==作 業 風 景==

2月24日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者15名、天気良好。みんなの森植栽地整備を実施。伐倒された枯損木が植栽地
の桜の近くに倒れ込んで景観を阻害しているので、これを除去した。一方女性陣は椎
茸銀行用柵材の整理を担当。解散後の定例理事会で、
・「緑の募金」他、本年度の公募事業の応募事業
 前年度と同様、県県緑推推薦で、モミジ谷の間伐・整備
 FV連の緑と水の森林ファンド
  ー曽爾村でのリーダー研修(担当:奥理事、補佐:平武)
損保ジャパンからの助成金の使途ー安全装備(チェンソ―用パンツ 4組)の購入
・草木染め講習会3月10日受講
・生垣の消毒ー山本監事
・花見は、4月第二土曜の定例活動日、緑の募金街頭募金活動(近鉄奈良駅前と重な
 るため、第四土曜日とする。

   

  参加者一同               ==枯損木の処理作業==

3月1日(木)  研修イベント 毎日新聞取材  曽爾村
この月、17〜18日FV連主催の「緑と水の森林ファンド」助成事業、曽爾村でのリーダー
研修会に関し、同新聞社より取材申し入れあり、平武・奥両理事が曽爾村で漆ぬるべ
会松本会長と共に対応、6日の朝刊奈良版に掲載された。

3月10日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
17名参加。午前中「緑の募金」助成事業で、モミジ谷の環境整備を実施。人工林内で
伐倒した間伐材の整理と谷川に倒れて流れを堰き止めて形になっていた朽木を除去
し、景観を回復させた。あわせて前回までに運びきれなかった柵材30本余りを椎茸銀
行まで軽トラで運び上げた。運び終わる頃には、腕や肩に痛みがはしった。
午後には、皮むき作業を行い、全員ケガも無く活動を終えた。この日女性4名は、草木
染め研修会に参加。

    
          ==間伐材の搬出作業風景==

3月17日〜18日  リーダー養成の研修会と山村交流  曽爾村塩井
奈良県森林ボランティア連絡協議会主催による「緑と水の森林ファンド」(国土緑化
推進機構)公募事業。他の3団体と共に参加。当クラブよりの8名を含め15名が定刻に
参集。曽爾村「漆ぬるべ会」の皆さんのご指導で、今回で5回目となる活動、好天の下
2日間にわたり実施。
一日目は、間伐と竹林整備とに分かれての作業。
・間伐作業
 昨年に続き、区有林のヒノキの間伐を3手に分かれての作業に先立ち、間伐する
 ヒノキの選木方法の説明を、地元の指導者から受け、テープ巻きを行う。午前中は
 林道の上側の比較的細い木を、ロープ掛けを行い、基本に忠実に、かつ安全に注意
 しながら伐倒していった。午後はチルホールの使用方法を学ぶため、胸高直径30p
 強で掛り木となるヒノキと、大径木のスギをチルホールとクサビを使用し伐倒し、玉切
 りまで行った。
・竹林整備
 道路わきの竹藪と漆の傍の竹林整備の2ヶ所に分かれての作業。漆近くの竹林では
 前回に漆を採取したあとの木見ることが出来た。
いづれの作業も、地域の方々との協同で予定通りスムーズに終えることが出来た。
夕刻戻った宿舎で、同村「地域おこし協力隊」のメンバーでうるし部門担当の並木美佳
さんに、一時間にわたって、いま取り組んでいるうるしの”工芸品”製作や商品化への
取り組みについての講演。
この後、全員で夕食をはさんで楽しく交流を深めた。

18日は、9時から塩井集落センターで「地域おこし協力隊」で森林部門担当の加藤景三
さん、渡利晃輔さんの”曽爾村での森林活動”での取り組みについての講演のあと、作
業現場に案内して頂き、うるし植栽地の生育状況を視察。その後、同村が新しく村おこ
しとして取り組んでいる「地域の産米を使った焼酎工房」を視察。製品のおいしい甘酒
を頂き今回の日程を終え、昼に宿舎に戻り、終了式。なお上記の焼酎は、この日仕込
みが始まり、6月下旬から7月初めには製品化され、予約も可能とのこと。
今回の活動に関しては、3月6日の毎日新聞で行事予定を又、3月19日の読売新聞に
は活動状況を記事化して下さり、その記事を読んでの参加もあった。(感謝)


   
          == 作 業 風 景 ==            うるし採取あと
     
 =地域おこし協力隊による講演=   うるし工房見学   焼酎工房見学

3月24日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
嬉しいことに2名の新規加入あり。一名は会員の長男あとはその友人。二人の若さと
力強さのお蔭か、みんな楽しく作業が出来た。参加者16名。
午前中は、野鳥の森植栽地で下草刈り、サクラや柿の木に絡まったツルの処理、剪
定、倒れた枯損木の処理を行う。午後には、4月の第四土曜日に行う予定の、頂上展
望台で倒れかかっているサクラを起こす作業につかう鳥居型支柱の製作とシイタケ
銀行の柵に使う材の皮むきを行い楽しい汗をかいての作業を14時半に終えた。
恒例の4月第二土曜日の花見会、県緑化推進協会の「緑の募金活動」と重なる為、今
年は第四土曜日の定例活動で頂上展望台の作業時に行うこととなった。当日は、お楽
しみ部会の皆さんによって”焼きそば”を作って頂くことになっている。お楽しみに!!

    
 野鳥の森整備    枯損木の処理     皮むき      参加者一同

4月14日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
矢田山にも春が来た! 
ソメイヨシノは散ってしまったが、矢田山遊びの森では、山桜やツツジが今を盛りと咲き
競い、春を謳歌している。花の便りは楽しいが、もっと嬉しいのは、しばらく体調不良?
で活動を休んでいた弘田会員が、今日より復帰。久々のチェンソーの手触りやエンジ
ンの震えに心を躍らせていた。
今日の参加者16名。別動隊として県緑化委推進協会による、近鉄奈良駅前での”緑
の羽根”街頭募金活動に6名。
午前中、「緑の募金」助成事業として、モミジ谷の間伐、林内整備に入る、ハイキング
道脇の枯損木の整理、次回予定の一般参加者を迎えての”森林作業体験会”のため
の選木作業を行った。
昼食時、県景観・自然環境課のHPで当クラブの活動が紹介されているのをダウンロー
ドした記事を情報館で鑑賞。
午後、シイタケ銀行のの柵補修の為、間伐材を皮むき、杭づくり。同時に出来た杭に
防腐剤を塗布した。今日も元気で楽しい汗をかいて、無事作業を終え、定刻に解散。
休憩時、「探検隊」が竹林の状況調査に行き、まだイノシシ君に荒されていないタケノ
コを発見、収穫あり!

    
 参加者一同      枯損木の伐倒       皮むき     杭づくり

4月14日(土)  「緑の募金」街頭募金  近鉄奈良駅前
県緑化委推進協会による”緑の月間”恒例の活動に、いこま里山クラブと共に、当クラ
ブよりは6名が参加。
募金協力の呼び掛けを開始する10時までに、子供に配る風船や花の種、幟の取付け
の手配完了。
助っ人として、ミス奈良3名他、幼稚園児、ガールスカートが順次到着。道行く人々に
大きな声を出し、協力を呼び掛けた。
外国人の聞きしに勝る多さ、特に電車から降りてくるのは、8割を超えていた。逆に絶
好の行楽日和ながら、例年に比し日本人がかなり少なく、成果は今一。昼過ぎに片付
けを終えて解散。

   
         ==緑 の 羽 根 街 頭 募 金 活 動 風 景==

4月28日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者26名に加え、景観ボランティア明日香からの3名の参加があり。久し振りに大人
数。昼食の賄い班6名を料理体験館に残し、後は全員頂上展望台へ。午前中は展望
台脇で、寝返りをした大きなサクラをチルホールを使って引き起こし、予め間伐材を利
用して作ったおいた大きな支柱をかませた。同時に「永遠の森」植栽地での下草刈りを
午前中実施。
この日は「はなみの会」を兼て行われた。例年第2土曜日にさくらの花見会をしていた
が本年は緑推の「緑の羽根」街頭募金活動と重なった為変更。サクラは既に終わって
いるので変わって20周年記念植樹「永遠の森」での、ツツジを愛でる会となった。お昼
に出来たばかりのたっぷりの焼きそばを味わい花を見ながら歓談。
午後、除伐した大きな楠を利用して作ったベンチ2台を移動し、展望台傍に設置し直し
作業。コロをかませ、ロープを付け大勢で引っ張り上げ、台木のうえに安定させた。こ
れで大人数の団体が訪れても、皆がゆっくり腰を据えて休憩してもらえるようになっ
た。解散後の定例理事会では、
・本年度の助成事業申請、「緑の募金」モミジ谷の林内整理、FV連緑と水のファウンド
 リーダー研修―曽爾村を提出
・モミジ谷森林作業公募ーチラシを新聞・放送各社へ発送
・外部各種会議・活動への対応出席
・6月10日Green Gift 地球元気プロジェクト共催イベントの内容
等の報告・検討を行った。

   
    倒れたサクラの修復作業          下草刈り整備作業 

           
       昼休みの歓談        ベンチの移動     設置作業

4月29日(日) 緑化作品コンクール表彰式と花苗の配布  馬見丘陵公園
昨年度、県緑化委推進協会と県教育委員会の共催で実施されたポスターと標語の
緑化作品コンクール入賞者表彰に対する表彰式が、馬見丘陵公園大テントしたで
行われるにあわせての、花苗の無料配布のためクラブ員6名が参加し、準備と配布
の手伝いを行った。式の最後にせんとくんも加わっての記念撮影を待って、既に行
列を作って待っていた人々に、花苗入りポットと花の種を手渡していった。列は昼過
ぎまで続いた。

   
   準備作業       表彰式       受賞者と       配布の列

5月12日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
午前中、参加者14名全員「緑の募金」公募事業”モミジ谷の森林整備作業。人工林
の間伐は前回までで、ほぼ目途がついたので、この日は遊歩道と人工林との間を流
れる沢沿いを中心に、雑木の除伐・枯損木の処理・草刈りを実施。昼過ぎまで汗を流
した結果、かなり見通しがきくと共に、陽も差し込み明るくなった。これでハイカーも気
持ちよく歩を進めてもらえることでしょう。
午後、間伐材を使って予め準備しておいた杭を使ってのシイタケ銀行の柵の補修。結
構立派な杭で、カケヤで打ち込みに足場の悪さもあってチョット難儀しながら、5本を打
ち込んだ後、古い柵と番線で結わえ補強した。

   
                 ==作 業 風 景==

           

          草刈り          杭打ち          参加者

5月26日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者15名。午前中、「野鳥の森」植栽地とその沿道の草刈り。この日緑推から提供
のあったリヤカーを、作業地まで道具を運搬するため始めて使う。ただ上り坂ではか
なりの人力が必要にて、中程で一部を下ろし、いつものように肩で担いで上がる。草
刈りは結構傾斜のきつい所が多く、しっかり足を踏ん張って注意しながら刈り進んだ。
この間、傷の入ったサクラやモミジの枯れ枝の切り取りも行った。グミが色づいていた
ので、鳥にやられる前に賞味させてもらった。よくうれたものは甘さもそこそこ。
午後、シイタケ銀行の柵付替えの為の間伐材を利用した杭を打ち込んだ。女性達は
間伐材の皮むきを実施。ただ伐倒してから時間が経って乾燥しているため中々むき
ずらかったよう。終了後の定例理事会では、
・奈良テレビ放送6月22日の「フライデー9」で四季彩の庭特集のための矢田山取材
 が入る予定だが、日程未定
・6月10日共催イベント「菜の花と橘で結ぶ記紀万葉の道巡り」で矢田山での対応に
 ついて検討。準備したppを使って矢田山の紹介、クラブの活動紹介、森の役割等
 について話すこととした
・6月23日実施の草木染打合せ、一般募集のチラシ作成内容の検討
・奈良市地球温暖化対策協議会総会の対応ー辰巳理事代理出席
・環境出前講座、山もりてんこ森等でのクラフト指導の予定と参加者
・今年度実施予定の事業のための行政財産使用願い提出の件

   
リヤカーをを引いて     草刈り       枝の処理
      皮むき

6月9日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者22名(内中高生2名)。この日、奈良テレビのクルー3名が活動状況の取材に
訪れた。
作業は「緑の募金」助成事業、モミジ谷での「憩いの場としての健全な森林づくり」の
最終仕上げとして、ヒノキ人工林の間伐、雑木の除伐、沿道草刈りを手分けして実施。
この間、カメラを回し、インタビューを受けた。更に、最近活動に参加してくれている
マウンテンバイククラブのメンバー数名が、整備の終わった管理道を颯爽とバイクを走
らす姿、加えて頂上展望台のなら彩の庭づくりの一環でもある、「永遠の森」の現状も
合わせ収録された。
午後は、シイタケ銀行(ホダ木置き場)でモミジ谷での間伐材を使って柵の作り替えと、
クラフト材料づくりと、女性は次回定例で実施する草木染めの準備に分かれての作業
をし定刻に終了。
尚、収録されたものは、6月22日(金)フライデーナイン、夜9時より放映の予定。

   
  インタビュー      収録風景             杭づくり

6月10日(日)  イベント「菜の花と橘で結ぶ記紀万葉の道巡り」
Green Gift 地球元気プログラムとして、NPO法人宙塾が主催され、他の団体と共に
当クラブが共催。天気予報は雨ながら決行。一般参加者と事務局スタッフも含め50数
名が霊山寺駐車場参集。まず、菜の花プロジェクトに参加した富雄北小で絞った菜種
油を同寺に奉納、管主よりお礼と法話を頂いた後、追分梅園へハイキング組と車分乗
組に分かれて行き、小一時間梅狩り。各自1sほどを貰い、矢田山遊びの森へ。

情報館で、当クラブによりパワーポイントを使って矢田山とクラブの子供を中心とした
活動紹介後、森の役割を考えるクイズ。ついで他団体の富雄の歴史紙芝居風解説。
昼食後、菜種の種取りから菜種油絞りまでの作業体験。最後にクラフト”ジージーゼ
ミ”づくりを指導。この間記紀・万葉めぐりとして参加の大人達は、情報館でさらに詳し
富雄歴史講話。
予報に反し、雨に見舞われる事無く、盛り沢山のプログラム無事にこなし解散。

 
    
  菜種油の奉納   参加者全員と       矢田山紹介   種落とし作業

   
    油絞り中       クラフト        梅狩り      歴史説明

6月17日(日)  むし祭り2018  橿原市昆虫館
本年度第一回「森の学校」として、出展された県中部農林振興事務所より講師等の
派遣依頼を受け、クラブ員4名が参加。
今年は、一般市民の参加者は、受付で「森林クイズ」のシートを貰い、展示している
パネルを見てクイズの回答を記入、受付で〇を付けをしてもらったシートをクラフト
テーブルで提示する手順をとった。
クラフトは、むし祭りに合わせ「ジージーゼミ、ガリガリ・トンボ、サクラの小枝をつか
ったカブトムシ、クワガタムシ」づくりとし、一部リョウブの輪切りでモクマルくんづくり
もした。
10時開始直後からテーブルは参加者で一杯となり、少なくなる時間帯はあったが、
子供129名、大人93名、計222名の来訪があった。ジージーゼミ、ガリガリ・トンボは
相変わらず人気の他、今回はサクラの小枝の
「クワガタムシ」づくりも男の子の興味
を引き、50個近くの作品となった。


 
    製 作 風 景       
 出来上がり  森林クイズ

6月23日(土) 定例活動  矢田山遊びの森
本日は一日中雨の予報に関わらず、16名が参集。
午前、”永遠の森”での傾いたサクラの木起こしと草刈り、シイタケ
銀行・炭窯周辺の草刈りと女性を中心に草木染め体験にと三手に分か
れての活動。予定をほぼこなす昼前に本降りとなったので午後は活動
を取止め、情報館で今後のクラフト指導のスケジュールの説明・参加
者を募る。この後、ほぼ一年振りとなる草木染め体験の作品紹介。こ
の日は、染料はスギ・アカネ(山野に自生する多年生のつる草の根を
粉末にしたもの)・玉ねぎの皮を使って綿のハンカチ・ペットボトル
入れを染め上げた。アカネ(茜色)、玉ねぎの皮(金茶色)良く仕上
がったが、スギの生葉(黄色)の発色は弱く今一だった。
解散後の定例理事会は、ボランティア保険付保他の報告事項のみ。


 サクラ起こし 草木染め:乾燥  アイロン仕上  ペットボトル入れ

7月4日(水)  環境出前講座  佐保川放課後子ども教室
クラフト体験の実施場所は教室だったが、講座の冒頭行う「当クラブの
活動紹介」等は、最初に全員が参集する多目的ホールで行った。先般
「奈良テレビ」が放映した当クラブの活動状況(プリントしたもの)を
示して説明した。その後、受講者60人(3年生28人、4年24人、5年4人、
6年4人)は、2階の4つの教室に分かれ、各机の上でジージーゼミづくり
に挑戦した。
教室で実施する場合、材料を4っに分ける必要ある事、材料揃えに時間
がかかることから、材料を前日持ち込み、それを先生方が夫々の材料
を取り揃え、各人毎の袋に入れ準備するという協力も得られ、クラフ
ト作業は順調に進んだ。
今回は、ジージーゼミづくりをテーマとしたが、4人のスタッフ講師が
作り方の手順を説明し、みんなの進捗状況を確認しながら、次の手順へ
と進み、先生方や保護者・ボランティアには子ども達の手助けをしてい
ただいた。完成した子は、あちこちでセミの声を鳴らして、歓声をあげ
ていた。この日当クラブからは7人、先生10人、保護者・ボランティア
は20人であった。

   
 クラブ紹介        ==各教室での製作風景==

==以前の活動記録は、HP本体の会報バックナンバーをご参照下さい。==