●最近の主な活動の記録   

 

                                         

   6月17日更新

                           

平成28年
10月1日(土) 環境体験講座  奈良阪県有地
”里山の森林整備と森の恵みを楽しむ会”を奈良市地球温暖化対策地域協議会との
共催で、一般参加者を募って開催。朝方雨がぱらつき心配された天気だが、曇り空で
蒸し暑かったが、雨に降られることなく予定通り実施
親子ずれ30名と市職員・事務局員・スタッフ13名(内当クラブから6名)が定刻前に集
合。プログラムに沿って、
・会の趣旨、注意事項を説明
・森の働き、作業地の現状
・バーベキューづくり
・クリ拾い
・ごみの減量と利活用の紙芝居
・旬あてクイズ
・竹クラフト体験
を順次天候を考えて、前倒しで進めて行った。昼食時には、焼きたてのバームクーヘ
ンや、茹で上がったクリを賞味。
会場に来た早々、こんな所嫌だ、帰りたいと泣き叫んでいた男の子、しぶしぶ竹藪に
入り、竹伐り体験を始めた途端、俄然喜々として体を動かし出したのが印象的。これも
森林の持つ力かなとあらためて考えを深くした次第。最後に子供達は、作品とクリを手
に元気に帰路に付いた。


 竹伐り体験  バームクーヘンづくり   クリ拾い    ゴミは宝の話を聞く

10月8日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者17名。全員でみんなの森植栽地である大伸社の森と体験の森周辺の草刈り。
更に奥に行くため道の途中に、かなり以前に沢に架けた木橋が完全に朽ちて渡れ
なくなっているため、架け替えのための調査を実施。
午後から予報では雨とのことで、午前中に切り上げたものの雨はなく、器具の修理・
手入れとクラフト材料の竹の台づくりを手分けして行った。
終了後、14日実施予定の志都美小、森林環境教育のための指導者7名が芝生広場
周辺の木の観察、代表的なもの6種をリーダーの案内で下見。

      
          草刈り作業            クラフト材料づくり

10月14日(金)  森林環境教育  香芝市志都美小学校  矢田山遊びの森
森林環境教育として、予てより準備を進めてきた、同校4年生65名を対象にクラブ員
6名が指導に当たり実施。
10時前、追分梅林で大型バスから降り、約20分のハイキングの後、子ども交流館に
到着。
理事長より、今回の趣旨、当クラブの活動紹介、矢田山遊びの森の概略の説明に続
き、辰巳理事より森林の働き、人間との関わり、動物と植物の違い、緑のダム等につ
き時折質問を交えて解説。子供達は熱心にメモを取りながら聞いていた。
次いで、6班に分かれ、芝生広場周辺にある特徴的な木(ラクウショウ・クヌギ・トチノ
キ・四方竹・スダジイ)をそれぞれ指導員の説明を聞きながら、葉っぱ・実・木肌の違
いを観察。又コナラのナラ枯れの現状をつぶさに見た。
午後、クラフト@竹の輪切りや木の実を組合せて作品づくり Aガリガリトンボづくり
の二手に分かれ、途中交代しそれぞれ作り上げて、楽しかったとお礼の言葉を後に
帰っていった。
  
   
  説明を聞く     木々の観察       ガリガリトンボづくり  竹細工

10月22日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加18名全員「永遠の森づくり」地拵え作業のため、緩い坂道を歩く。中にはもう一仕
事やったような気分といいながfら頂上展望台に到着。森づくりの概要と作業内容の説
明があって、草刈り・株切り(切り株を切り取る)・除伐木枝の整理等を行う。昼前に雨
がパラついたが、予定をこなし、再び子ども交流館へ戻る。
理事会報告
1.記念植樹祭への県の支援要請
2.植樹種、準備状況、担当決め
3.20年の歩み原稿のチエック
4.森林整備課研修会講師派遣要請
5.奈良北高森林作業体験日程、役割分担
6.総会12月24日をイベント(餅つき他)終了後に開催

   
   作業説明               草 刈 り               株切り

10月22日(土)  エコフェスタ2016inまほろば  橿原市文化会館
「森の学校」として出展された県中部農林振興事務所から依頼を受けて、当クラブ員
3名が木や竹を利用したクラフトづくり体験を指導した。今回は33団体が出展、内容も
多岐に亘り、多数の家族連れが訪れた。
当クラブ、今年のクラフト内容は、「ガリガリトンボ」と「竹や木の輪切りを使った置物」
づくりを扱ったが、ブースには164人が立ち寄った。「ガリガリトンボ」ではプロペラを回
すのに必死、「置物」づくりでは、見本を参考に、どんぐりの固定や動く眼(動眼)つけ
に取り組んだ。早くにぶらっと覗かれた県緑推の元事務局長川口氏、終りまで目一杯
お手伝い頂き、大助かり。感謝、感謝。

   
          製 作 風 景

11月12日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
本日、朗報あり! 
この度、当クラブが”自然公園関係功労者として、環境大臣から表彰されることとなり、
この20日志摩市で開催の”伊勢志摩国立公園設立70周年記念式典”に併せて執り行
われる授賞式に、理事長とクラブ最長老内山氏が出席すること朝礼時発表された。
この日の活動は
@みんなの森植栽地草刈り
A”永遠の森”づくり地拵え
Bコンニャクづくり
を参加者20名が三手にわかれて実施。
草刈り班の一部は午後、器具の手入れをする一方、他は野鳥の森で取り頃となった柿
の収穫。この間一名の姿が見えなくなり皆で探し、無事の姿を確認事なきを得た。
地拵え班は、頂上展望台での記念植樹に向けての準備として、以前除伐しうず高く積
み上げていた木や枝葉の処理を行った。
コンニャクづくりは、女性陣の手で今回も木の子村より提供頂いた芋を使ってのコンニ
ャク玉づくり。この3月に一度体験済みだけに手際よく出来、まだ温かいのものを、柿と
共に皆に分け各自持ち帰った。


11月20日  ”自然公園関係功労者環境大臣表彰”
  
      
     大臣表彰状        記念式典会場で
      
この度、当クラブは19年にわたる永年のたゆまぬ活動により、標題の通り環境大臣
表彰を受けることとなりました。この日志摩市で執り行われた伊勢志摩国立指定70
周年記念式典に併せての式典で表彰状を受領してきました。
この賞をいただくには、15年以上の継続した活動が必要です。今回北海道から九州
まで全国32件の表彰がありました。奈良県からは、もう一つ個人の表彰がありました。
この表彰につきましては、クラブ創設者の石野元和さん、次の代表の上田さん、又こ
れ迄クラブ在籍中になくなられたみなさんに今日の受賞を心より報告したいと思いま
す。(理事長 鈴木秀位)

11月22日(火) 林野庁「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」事業に対する取材
標題、人工林を浸食する竹の除伐を行っている活動だが、この内容に関する取材を、
林野庁より受託された(公財)日本生態系協会の松浦所長より受けました。同協会で
は、全国で優良な事例を紹介する活動事例集の作成を行っております。来年度は当
クラブの活動を全国版の活動事例集に掲載いただくこととなりました。今回取材を受け
ることになったのは、当県で同事業の窓口である奈良県林業研究グループ連絡協議
会から林野庁に当方を推進して頂いたものによる。


11月24日(木)  環境出前講座  伏見南小学校
同校一年生二組、正規の授業である”せいかつ”の時間二駒を枠を使って、それぞれ
別々に森林環境教育とクラフトをクラブ員7名が指導にあたった。
森林環境教育では、森のはたらきと、どんぐりついて説明。出来るだけ平易な言葉を
選んで話たが、まだチョット難しい言葉があった模様。クラフトでは各グループ4名づ
づに指導員一人と、合間に、先生2名が補助頂き、木の実・殻を色々組合せ小動物
や昆虫を、あるいは木の輪切りに付けてペンダントや置き物を作った。最後に短い
小枝をエンピツ状にしたストラップを作った。皆一様に楽しそうに作品づくりに励ん
だ。入院中の児童にと、先生が材料と見本を持ち帰られた。一日も早く良くなって皆
と一緒になれますように!

   
 森のはたらき            製 作 風 景         作品と共に


11月26日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
朝会で、大臣表彰の賞状と副賞が披露された。
午前中クラブ員24名(新人1名を含め)に加え、すでに幾度となく会社ぐるみで参加を
頂いているリコージャパン県下営業所の社員25名が加わり7、榊野工務店裏での竹の
伐採。5班に分かれて、それぞれにクラブ員が指導について活動。意外と急斜面で最
初とまどっていたが要領を掴んでからは、楽しそうに伐り進んでいった。作業の後を振
り返って、明るくなった森を見て満足気。
昼に女性陣が作った具沢山の豚汁とご飯で体を暖めて、炭窯の屋根に積もった落葉
の掻き落としや周りの清掃と道具類の整理を実施。終了後の理事会では、
1.植樹祭チラシ内容の検討
2.植樹祭に対する県自然環境課の後援取付けの件
3.森林教育指導者交流会講師の派遣要請を県森林整備課よその内容
4.奈良北高校森林作業体験と環境教育12月17日に実施の要領検討
5.懇親会の開催予定ー新年会とする、詳細追って


   
 賞状の披露            竹伐り作業風景         落葉落とし

11月28日(月)  植栽予定地下見  頂上展望台
設立20周年を記念しての植樹のグランドデザイン作成にあたり、専門家のアドバイス
を貰いたく、県景観・自然環境課に紹介を依頼していたところ、馬見丘陵公園館の
清水前館長に現地視察を行って頂いた。県同課職員2名も同行。
高木の除伐を含めての周辺整備や、植栽予定木サクラ・カエデ・ツツジ等それぞれの
植生に合わせての配置・植え方並びに養生の仕方まで種々ご教授頂きました。今後
準備を進めて行くにあたり多々参考になり大いに感謝。

11月30日(水)  環境出前講座  平城西小学校
放課後子ども教室の児童約80名、先生方6名とクラブ員6名で、環境教育とクラフト指
導を実施。森林環境教育では、新しい試みとして、一堂に子供たちの想像力を活かし
ての森林の役割を考えさせた。目をつむらせ、今深い森の中にいると想定し、感じる
事、聞こえる声・音、地表にある物に思いをはせ発表させ、それから森の役割を引出
し解説。結果は先生方も驚かれるほどの児童の集中力で、予想以上の出来栄え。予
定していた役割全て引き出された。
クラフトでは、40名づつ二ヶ所に分かれ、木・竹の小口切りを組み合わせたり、それに
木の実を飾りつけて、ペンダントや置き物、小動物、昆虫等を自由に作らせ、最後に竹
笛づくり。時間が迫っていたこともあり、各グループにクラブ員3名と先生方3名が補助
についたが最後は手が回りきらず、時間切れで何人かは未完成のまま材料を持ち帰
らせるたこととなったのが心残り。

     
森の役割を考える    何に作ろうかな    製作中

12月4日(日)  学校林整備  奈良北高校
永年続いている同校生徒の森林作業体験が、この17日(土)に予定されており、これ
に備えての林内の草刈りや、雑木の除伐作業を行い最後に、間伐体験のための選木
を実施。所々に桜の枝が拡がっておりどうしても伐倒の際に掛かり木となること避けが
たく選定にあったては、皆の意見を集約しながらすすめた。予報では昼過ぎに雨はと
のことで最後はチョット慌ただしかったが、丁度道具の片付けをする頃にポツリポツリし
始めた。

12月10日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
同日開催の春日奥山古事の森シンポジュームに、理事長以下数名が廻った為、参加
者13名と少なかったが、「永遠の森」づくり地拵えと、17日実施の奈良北高校森林体験
実習の準備の二手に分かれての活動。
地拵え班は、8名で頂上展望台前南西角で伐り残した楠の高木3本と雑木の伐倒と、
笹の切り残しの刈取り。結果信貴山方面まで見通せるようになり、展望台からは生駒
山系の稜線全ての眺望がきくようになった。
北高森林体験準備班は、クラフトで門松づくり用に太目の竹をR308横から伐りだし、
多めにあった為、24日の一般参加の餅つきを兼ねたクラフトでも間に合うになった。
あと当日使う器具類を取り揃えた。
先月来、遊びの森を訪れる皆に集めてもらったドングリ、回収用ボックスにいっぱいと
なり。奈良の鹿愛護会に手渡すべく平武理事(同会会員)に持ち帰ってもらった。40s
強あった。
午後、奈良教育大学で、なら環境教育ミーティング2016があり、岡本理事が当クラブ
の事例報告を行った。報告者14団体、参加者53名とのこと。

   
  楠の伐倒      竹の伐りだし     ドングリ集め  事例報告会
 
12月17日(土)  森林作業体験指導  奈良北高校
同校2年生46名と教職員・保護者約20名が参加。前日に比し、暖かく作業のしやすい
日和。8:30に集合、当理事長挨拶のあと、5つに班割り、ヘルメット・ノコギリ・ロープ等
を配布。各班担当の当クラブの指導者を紹介。その指導者の案合で、各指定の作業
場所へ移動。そこで作業の意義、要領、注意点等の説明。次いでスギの伐倒に当たり
掛かり木にならないように方向を決め、その方向にロープを張り、一番大切な受け口
の方向を何度も確認そながら慎重に切り、ツルを残して、呼吸を合わせてロープを引
き、見事所定の方向に倒すことが出来た。倒れた時は拍手と歓声があがった。ノコギ
リは最初不慣れであったが、大分上達し「枝を切り落とすのが楽しい」と言う女生徒も
いた。後、駐車場へ移動し、環境教育として、ナラ枯れ、マツ枯れの話。次いで門松・
リースづくり、竹・松・梅もどき・アケビのツル等を使ってみんなおもいおもいに自分の
オリジナルなものを作って楽しんでいた。すべてを終わって片付けていると「今日は普
段経験できない貴重な体験をさせていただいて大変有難うございました。」とお礼を言
って帰られた保護者の方がおられた。

   
 受け口づくり     玉切り         リースづくり      門松づくり 
 
12月24日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
冬にしては穏やかなこの日、本年最後の活動日故、山の感謝祭として、餅つき大会と
クラフトをクラブ員20名に加え、主に当地で青空保育園”ひよこクラブ”として活動され
ている親子連れ6組16人の一般参加で実施。
餅つきの準備が整う間、子供たちにはミニ門松・リースや竹のコッポリづくりをクラブ員
が指導しながら楽しんでもらう一方、他の会員は炭窯周辺の整備を行った。
餅こねは、ノロウイルスの蔓延が伝えられているので、マスク・手袋を着用し、せっかく
の搗き立てだが、熱いぜんざいに入れて食した。子供たちもお試し餅つきを楽しんだ。
今回、奥氏より提供の黒米・赤米入りの珍しい餅を味うことも出来た。
午後は、一般参加者を解散し、片付けを終えて、情報館で定時総会を開催。
議事次第に沿い、理事長挨拶・総会成立確認・議長選出・議事録署名人選出に議事
に入った。
理事長の挨拶では、今年一年も無事に所定の活動予定をこなせたクラブ員の協力に
感謝し、平成27年度事業報告・決算と平成28年事業計画・予算の説明。二三の質疑
応答の後、全員の拍手で承認し終了。
追加として、新年会を1月19日(木)西大寺味楽座で開催の案内があった。
(この日、20日としていたが、満席のため、19日に変更)

   
  ミニ門松作り           餅つき体験          慎重に餅こね

平成29年
1月14日(土)  定例活動  矢田山遊びの森

本年初めての活動ながら、寒く雪の予報もあってか参加者は13名と少な目。
お互い年の初めの挨拶を交わし、朝会は特別に情報館で。
理事長より、本年は設立20周年であり、あらためてクラブ設立の経緯と趣旨等を振り
返り、記念事業もひかえ、一層の頑張りをと。
ついで設立以来の会員である八木さんより、当初の様子を振り返っての話。
その後、昨12月に開催された県環境教育指導者交流会で活動報告を行った同研修
会の第一期生である岡本理事が、その内容をパワーポイントを使って披露。
本日の活動は、まだ松の内で竹・木の伐倒は避けるべしとの声があり、横断幕支柱の
作り替え、子ども交流館まわりのベンチを洗ったりした。
昼には温かい甘酒で体を温めてから、午前の作業の続きをし、空模様が怪しいので、
早目に終了。あと開催された定例理事会で、
・「永遠の森」づくり作業日程ー事前、直前、当日準備に分け検討
・植樹祭参加者募集のチラシの内容確認と配布先の検討
・新年会費用の確認
・FV連リーダー研修会の日程検討
・総会の反省と議事録の確認
・昨年のクラフト実績報告

           
設立時を振り返りー八木さん  支柱の作り替え      ベンチの清掃

1月19日(木)  新年懇親会  西大寺味楽座
季節柄か、理事長以下幾人かが体調不良で欠席の為、参加者は14名とやや少なめ。
代わって理事の岡本が開宴の挨拶。本年、設立20周年を迎えられるのは、先輩達が
歩んできた道を、日頃会員達がこれを拡げながら地道に辿ってきたお蔭と感謝すると
共に、記念事業の成功に向けて力を合わせて頑張りたい。また昨11月の環境大臣表
彰の受賞は、またとない励みとなり、大きな節目の年に花を添える事となった。今年一
年無事安全に楽しく活動ができるよう皆の協力を願った。喫緊の課題として、新しい数
名の会員が頑張ってもらい喜ばしいことながら、高齢化と数の減少を打破すべく、新規
会員勧誘に努めることが必要と結び、次いで今年卒寿を迎えられる最長老内山さんの
発声で乾杯。その後、鍋を囲んで美酒を片手にしばし大いに歓談。この間奈良マラソ
ンに出場した奥会員による、壮年の部(60歳以上)での上位入賞を目指しての奮闘の
模様の報告を挟み、話が弾んだ。
飲み放題もオーダーストップの時間となり、中締めで若手会員である小野さんの今後
の活動に向けての力強い決意表明があり、続いてこれも若手の谷川さんによる一本
締めでお開きとなった。


1月28日(土)  定例活動  矢田山遊び森
天候に恵まれたこの日の参加者17名。器具類の整理をする3名を残し、あとは頂上展
望台へ。現地で植樹祭のための地拵え作業要領説明後、まず南東角に階段を作るた
めの木を運ぶ。ついで埋まっている伐倒木と小枝も含め南側藪への搬出。更に北斜
面のアカメガシワ二本の除伐片付け。
午後も引続いての作業とクスノキ2本の伐倒処理。クスノキについては過日、植栽計画
作成にあたりアドバイスをもらうため下見をして頂いた馬見丘陵公園清水前館長の当
県では目づらしくなく、この程度の木は巨木とも言えない等の話を紹介。この日の予定
の作業を2時過ぎに終了し下山。あとチェーンソーの整備、植栽位置明示のための竹
串作りをし終了。本事業担当理事の奥村が、苗木の発注先てある郡山の上田敷島園
へ行き確認と、現場の下見打合せを2月11日とすることとした。

    
            ー地拵え作業風景ー

2月11日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
「永遠の森」づくり地拵えのため、参加者16名全員頂上展望台へ。この日の主な作業
は、草刈りと植樹のための試し堀り。
草刈りは、カマ・剪定バサミと下刈器で、それぞれの区域丁寧に刈り上げた。試し掘り
は桜の苗木の植樹予定地で、苗木が大きく、鉢のサイズ30p位と想定されるので、直
径90pを掘ってみると、予想通り笹の根がかなりびっしりはびこっているため、根切り
にかなりの手間がかかりそうで、当日は剪定バサミの活用を検討。昼食時、女性達か
らのチョット早目のバレンタインデーのチョコの差し入れで疲れを癒した。
午後の作業再会後しくばくもしないうちに、予報通り雪が降り始め、積る懸念もあり、
早々に切り上げて解散。
定例理事会報告。
・植樹祭来賓の要請j状況
・準備の進行状況
・一般参加者募集チラシの配布状況
・申込状況
・FV連リーダー研修、日程(4月15〜16日、曽爾村)と参加費の決定
・緑推の街頭募金 4月月15日近鉄奈良前、苗木配布 4月29日 馬見丘陵公園

2月15日(水)  自主活動  矢田山遊びの森
林野庁助成の「森林・山村多面的機能発揮対策事業」の竹の除伐。今年度最後の作
業日となるこの日、参加者12名が頂上展望台近くで、残りの竹の伐採、伐ったままの
竹の処理、並びに既に出始めているヒメタケの刈取りをし仕上げを行った。
この日、現役の若手が加入、初参加。会社の休みが水曜日故、月一回だけの参加に
限られるが、矢田山でトレイルランニングを楽しませてもらっているので、この地の整備
活動を行っている当クラブに参加を強く望まれての加入。今日も生駒からランニングで
参加、帰路も作業の疲れも見せず走りで。頼もしい新人が加わり心強い限り。


2月25日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者16名。器具備品の整備のための数名を残し、他は頂上展望台へ。「永遠の森」
づくり地拵えもかなり進み、本日は草の二度刈り、切り株の切り取りすると共に、植栽
位置決めをし、
竹串を差す。植栽時掘りやすいように笹の根切をやりながら、植栽当日
掘りやすいようにと一部予め軽く穴を掘った。
終了後、臨時理事会で、来賓の決定、準備並びに参加申し込みの状況の報告あり。ま
た来年度の事業計画と助成事業の検討を行い、予め作業予定地の県の意向打診を
行うこととした。

      
                ー 作 業 風 景 ー

3月5日(日) 自主活動  矢田山遊びの森
参加者10名全員、地拵えの為頂上展望台へ。丁度同じ頃、生駒のカブスカウトの一
団が到着、休憩を取るとのことで、作業の開始を遅らし、子供達に我々の活動を紹介
し、彼らの後展望台上からの紙飛行機飛ばしの競争を見て、歩き出したので活動スタ
ート。南東角の法面での階段づくり、大きなナラ枯れの枝の切除、草の二度刈りを分
かれて実施。植樹祭を迎える整備がかなり進んだ。午後は過日伐倒し玉切りした大き
な楠の根元部分を椅子に利用すべく半割にし、後日仕上げを行う予定。この日は天気
が良かったためか多くのハイカーが立ち寄った。中に植樹祭に参加を申し込んでいる
大阪のグループもあり、当日を大いに楽しみにしていると言いながら、足を進めて行っ
た。

3月11日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者24名が、頂上展望台「永遠の森」植樹祭準備と炭窯前でのシイタケ植菌の二手
に分かれての活動。
植樹祭の準備としては、植栽地を5班にテープで区分けしたり、仮設トイレの準備する
一方、過日伐倒したクスノキの大径木を使ってのベンチづくり。前回半割にしておいた
幹部分切断面にカンナがけをし、切り込みを入れた切り株に据えて安定させ2つのベン
チが出来上がった。もう一つ3m近くのものの半割にと、しかかったところでみぞれが降
り始めたため早目に切り上げた。
シイタケ植菌班は、プロが伐倒したナラ枯れ木の枝をホダ木に利用。種菌2千個を約
50本に打ち込み、木陰に井桁状で積上げ、最後に日除けとしてヒノキの枝葉を上に被
せ仮伏せ完了。
なお、女性達は植樹祭の昼食の弁当の検討・予約のため富雄駅近くで業者と打合せ。
終了後の定時理事会報告。
・理事長より、来賓としてお願いしている県環境局佐野次長に挨拶に行った際、なら四
 季彩の庭づくり事業には、知事も殊の外関心を持たれている由との報告。
・植樹祭準備の進捗状況、手順の確認、
 一般参加者の申込は定員オーバーとなったため締め切りになった。
 苗木運搬の2tトラックの展望台までの下見、特に問題なし
・来年度活動並びに事業計画の検討と担当者決め。予定として
 みんなの森沿道左手の雑木林の整備
 モミジ谷人口林での間伐 
 R308 沿い人工林内竹の除伐を中心に整備
 リーダー研修、本年同様曽爾村で

   
 ベンチづくり      カンナかけ    緑の募金事業PR 看板 ホダ木の仮伏せ

3月18日(土)  シイタケ植菌指導  王寺町菩提キャンプ場
9時半、同キャンプ場にクラブ員7名が集まり、事前打ち合わせ。
10時同町教育委員会の司会で開会式の後、簡単な説明と注意事項を話し、6班に
分かれて、保護者が電気ドリルを使ってホダ木に穴を開け、そこに子供達が種駒
を木槌で打ち込みを行った。11時頃無事準備された60本ほどのホダ木すべてに
打ち終わったので、すこし早目の昼食におにぎりとトン汁を頂き、11時45分に閉会。
この日の参加者は、一般55人(内、保護者22人)、現地スタッフ男女5人づつと町の
教育委員会より1名でした。

3月24日(金) 自主活動  植樹祭直前準備
9時前に苗木屋が苗木140本と杭を、ユニックを備えた四駆の2トン車で到着。その
まま頂上展望台へ。この日の参加者11名はは徒歩で。
荷台からゆっくりと一本づつ降ろされる苗木を待って、まずサクラをそれぞれの位置
へ一輪車を使って運び込む。5mを優にこえるもので、根鉢も大きく3〜4人一組での
作業。この間苗木屋より植栽方法、注意事項を聞きながらの指導を受ける。最後に
鳥居杭・一本杭を配置。また手作りの標柱を展望台広場東に設置。再度植栽の手順
番線の締め方、スケジュールの確認。最後に道具・器具類の点検。仮設トイレ2基
を設置し、すべての前準備が完了。あとは当日の好天を期待するのみ。

   
 苗木を降ろす      植栽指導       記念の標柱      杭を配る
 
3月25日(土)  「永遠の森」植樹祭  矢田山頂上展望台広場
当クラブ設立20周年並びに環境大臣表彰受賞を記念して開催。当日はまずまずの天
候。9時過ぎから参加者が集まり始め、子ども交流館前で受付、行事の趣旨・日程等を
記したチラシと記念誌”20年の歩み”を受取り、ヘルメットを着用し、順次展望台へ約40
分のハイキング。10時半過ぎにほぼ揃ったところで開会。
当理事長による挨拶では、参加者へと20周年を迎えられての感謝、「永遠の森」の由
来を説明。
次いで、来賓を代表して、奈良県環境局佐野次長、(公財)奈良県緑化推進協会吉田
事務局長より、ご祝辞を頂きました。
作業開始に先立ち、班別リーダー5名の紹介。内一名、今年卒寿を迎えるとの司会者
の言であちこちから”オー”という驚きの声。全員で展望台を背景に記念撮影し、場所
を移して植栽手順の説明。植栽準備が整ったところで、来賓2名と理事長によるソメイ
ヨシノの記念植樹。この後、各班の植栽地に分かれて予め決められた位置でソメイヨ
シノ・イロハカエデ・ヒラドツツジ各20本、ミツバツツジ80本、計140本の植栽作業。ツツ
ジ類は5株での固め植え、他は一本立ち。皆は嬉々として穴を掘り、一本一本丁寧に
植え、土を埋め戻し、周りに水鉢を作りながら踏み固めた。
午後は残った分を植えてしまい、サクラには鳥居杭、カエデには一本杭を打ち込み、こ
れに昼休みの間に名前やメッセージを書き込んでおいた樹名板を吊り下げた。子供か
ら大人まで、皆協力しながら進めて行ったため、予定より早めに作業を完了し解散。
皆は口々に楽しかった又見に来ます、来年は花見が出来そうと言いながらもと来た道
を余韻を浸りながら帰って行った。
この日の参加者は、県庁関係者、一般参加者、クラブ員合わせ80名強。加えて”子供
の森”で青空保育をされている”ひよこクラブ”4組の親子の特別参加あり。小さな幼児
も頑張って坂道を登って来て、シャベルを持って手伝ってくました。”有難う!”

   
   記念撮影       来賓の挨拶             記念植樹      植栽作業風景

    
頑張るこどもたち     手作りベンチで弁当     鳥居杭の打ち込み   樹名板を付ける
             =座り心地よく中々の評判= 

4月2日(日)  自主活動  矢田山頂上展望台
先月実施の「永遠の森」記念植樹点検・手直し作業を7名で実施。特にサクラ鳥居杭の
幅・高さの不揃いが散見され、これらを中心にやり直しかなり見栄えが良くなった。水
遣り準備もしていたが、植樹後幸いにも幾度か雨が降り、その手間は省けた。この調
子でいくと、木々の根付きは順調と思われ一安心。

4月8日(土)  定例活動  お花見会
午前中は、今年度の事業予定(林野庁助成)である”みんなの森”遊歩道左側の里山
整備のため、皆で現状調査しながら、整備内容について検討。かなり広範囲にて、3年
計画で取組み予定。
昼は恒例となっている花見。いつもの桜広場のサクラはほぼ見頃となっているものの、
先週雨が多かったため湿地状態でシートを拡げての宴席を張ること出来ず、また空模
様も怪しく、いつ振り出すかわからない状況故、場所を炭窯横に移し、女性達の手で
準備願ったカレーライスを味わいながら暫し歓談。
午後は整理整頓と、次週開催のリーダー研修のための器具類の準備・積み込みをし
て解散。(本日の参加者21名) 定例理事会理事会報告。
・林野庁助成事業、28年度実績報告の提出、29年度の事業予定は、姫竹処理と、み
 んなの森沿道里山整備
・「永遠の森」植樹祭まとめ
・「緑の募金」公募事業として、”ふるさとの森林再生事業”(モミジ谷でのでの間伐を中
 心)を申請
・FV連は「緑と水の森林ファンド」リーダー研修と山村支援・交流として、今年度に続き
 曽爾村で実施予定で申請。
・「緑の募金」街頭募金活動、曽爾村でのリーダー研修と重なったが、人員のやりくりが
 出来、8名が参加予定。
・「山の日・川の日」ガイドブック掲載の計画書の検討
・NPO法改正に関しての説明ー資産公開の方法等定款変更の必要

   
 作業予定地点検 サクラとコブシの競演 カレーづくり       宴

4月15日(土)  緑の募金街頭募金  近鉄奈良駅前
(公財)奈良県緑化推進協会による活動に、当クラブより5名、いこま里山クラブ
より
3名が参加。天候が今ひとつ良くなくて、一般の人たち・家族づれの散策が少
なく外国の旅行者が目立ちいまひとつ華やかさが無かった。

ボーイ・ガールスカウトの子供たがち元気な声で”緑の募金にご協力をお願いしま
す”と頑張っていました。私たち大人・県職員も子ども達につられ大きな声を張り
上げていました。

せんとくんも負けずに、パフォマンスも大きく応援し、ミス奈良のお嬢さんたちも
笑顔でハッスル、外人観光客はカメラを向けてパチパチシャッター音、楽しい景観
でした。半日の活動でしたが緑の募金の意義を伝えることがチョット出来たかなと
思いつつ無事解散。
 
 
      
              募金活動風景

4月15日〜16日  リーダー養成と山村交流  曽爾村塩井
FV連主催による「緑と水の森林ファンド」公募事業として実施。当クラブ、いこま里山ク
ラブ、景観ボランティア明日香より、女性2名を含む18名が参加。
15日10時、参加者は塩井地区集落センターに各地から参集(内2名西名阪国道事故
による大渋滞に巻き込まれ遅刻)。、漆ぬるべ会の指導者5名を交え開会式の後、間
伐と竹伐りの二手に分かれて、それぞれの作業地へ。
間伐班は、昨年と同様、区有林内ヒノキの間伐を指導者のもと2名づつで実施。今回
は、伐倒木をうるし幼木の養生のための杭に使うとのことで、末の比較的細い部分3
メートル位を林道に運び出し、皮むきをし、予定の50本を揃えた。後は、途中木回しや
捨て切りの説明をはさんで、随時伐倒・玉切り、最後にスギの大径木の伐倒。今回は
生憎持参のチルホール部品不足で使えずかなりの苦戦ながら、無事倒すことが出来。
竹伐り班も、昨年と同じく、家屋近くまで侵入した竹の伐採を指導を受けながら実施。
両班とも4時頃予定の作業を終えて宿舎へ。
一風呂浴びた後の講演は、景観ボランティア明日香、三木名誉会長による「村おこしと
森林ボランティア」と題し、同団体の長年に亘る明日香村おこしに関わる各種の取り組
みを詳しく紹介頂き、質疑・応答を交え小一時間。
懇親会では、指導者4名も加わってもらい夕食を取りながら、遅くまで大いに歓談。
16日朝一番から、同センターで、漆ぬるべ会松本会長と吉田事務局長より、曽爾村並
び会の現状と取組みについての説明を頂き、参加者よりは特に村の知名度アップにつ
ながる幾つかの提案もあり、有意義な一時。
この後、うるし植栽地と、23日新たにオープンの古民家を改造した”うるし工房”(仮称)
を会長の説明を受けながら見学。予定を全て終了し、昼食後解散。一部は頂いた”お
亀の湯”入浴券でゆっくり疲れを癒してから帰路についた。
今回の開催は時期を得た4月、立ち寄る先々で満開のサクラを満喫。ただ名所の屏風
岩は、標高が高いため一週間ばかり後とのこと。

   
開会式          間 伐          皮むき      大木の伐倒 

   
竹伐り            講演会        村の話      うるし工房見学

4月22日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
参加者15名。内1名、30代男性の新入り。料理体験館で、前回使った調理器具等の片
付けをする女性を残し、全員野鳥の森での草刈り。当初午前中だけの作業予定であっ
たが、刈り進むと共に奥にある満開のサクラの見栄えを良くしたいとのことで、午後も
引き続き実施。すっかり見通しがきくようになった。この間R308沿い竹林偵察に行った
3名は、先客(イノシシ)があり収穫はわずかと言いながら数本のタケノコを持ち帰り、こ
れを早速茹で上げ、昼食時に味わった。

    
             ―草刈り作業風景―

4月29日(祝)  表彰式と花の苗・種の配布  馬見丘陵公園
昨年度行われた奈良県緑化コンクール(ポスターと標語)の入賞者に対しての表彰式
が行われ、それぞれ表彰状を受け取ったあと、お祝いに駆けつけてくれたせんとくん
と一緒に記念写真。
この後、当クラブ員10名、他県職員とが早くからポットに入れ、ラベルを添付し準備をし
ておいた花の苗と種の配布。開始前から列を作ってまっていた人々に一種類づつ持ち
帰ってもらった。この日は天気もよく、多くの人々が公園の花を楽しみに来ていたことも
あり、かなり順調に配布が進み、昼過ぎに終了。

   
 花をポットへ    入賞者記念写真    入賞作品       配布風景

5月7日(日)  自主活動  矢田山遊びの森
参加者10名で、今年度新たに始める予定のみんなの森沿い林内整備事業にとりかか
るにあたり、作業範囲並びに作業内容(草刈り、枯損木の処理、灌木の刈取り等)の確
認を行い、一部手はじめに作業を実施。


5月13日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
午前中強い雨の予報もあってか、参加者8名。
・クラフト材料づくりーリョウブの輪切り
・「緑の募金」実績報告書づくり
・芝生広場奥のサクラ植栽木の枯れたものの処理
をそれぞれ小人数に分かれて午前中実施。午後は、チェンソーの整備し、早目に切上
げて、その後定例理事会、
・奈良市地球温暖化防止対策地域協議会総会、春日奥山古事の森総会開催参加
・学園前幼稚園よりのクラフト指導要請
・環境出前講座、森の学校、山と森の月間当のクラフト指導予定打合せ
・「永遠の森」づくり報告のとりまとめ状況
・今年度の行政財産使用許可2件
・改正NPO法っで義務づけられる貸借対照表の公告方法
・奈良阪イベント10月7日に開催
・日月基金並びに日月山の扱い
等の報告・検討を行った。


5月17日(水)  自主活動  矢田山遊びの森
参加者10名、全員で頂上展望台広場へ。3月に記念植樹以来初めての下草刈りを実
施。手鎌で坪刈り、刈払い機では全面刈り。草丈は植栽木に比しまだ低かったのでや
りやすかったが、今後は油断するとアットいうまに草が大きくなりその時、間違って木を
刈りとらぬための対策として、目印に竹櫛を立てることとした。乾燥防止の一環として
刈り取った草をまとめて木の根元に敷き込んだ。
午後、近くの竹の除伐地で姫竹・雑草を刈り取った。

5月27日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
朝から快晴のためか、この日の参加者は久しぶりに多く20名。午前中、全員で「野鳥
の森」植栽地での下草刈り。結構傾斜のきつい所が多く、下刈器では危ないところで
は手鎌班が足を踏ん張りながらの作業。
昼食後、情報館で先の記念植樹祭風景を小野カメラマンが撮った写真をテレビ画面
で紹介。当初動画での披露を予定していたが、ソフトが合わず起動せずスナップ写真
となった。ヘッドセットカメラを使用しているため、撮影アングルが異なり、俯瞰した趣
のあるものもあった。この後、植樹祭を担当した奥村理事の司会で、現地の状況説明
と今後の養生方法に関し話合った。
あと残った時間で、子ども交流館周辺のサツキの剪定を電動バリカンや剪定バサミを
使い刈りこんだ。
解散後の臨時理事会で、
・保険の更新につき、新たに社会保険協議会のものと合わせ検討すること。
・隣接民有林内、ヒノキ一本を誤って伐り倒した顛末についての報告
・「緑の募金」実績報告書作成経過。
・クラフト指導(山と川の月間)を含めての予定等

       
               ― 作 業 風 景 ―

6月10日(土)  定例活動  矢田山遊びの森
この日の参加者18名、午前中は3手に分かれての活動。大半はR308沿いでの環境
整備としての、主として竹伐り作業。助成女性を中心としたお楽しみ部会のメンバー
は、焼きそば昼食会のための準備を料理体験館で、あと小人数で頂上展望台脇の
遊歩道の草刈りや、椎茸銀行の櫓の作り替えのための、劣勢ヒノキの伐倒を実施。
昼には大盛りの焼きそばで腹ごしらえ。
午後は、3月に椎茸植菌をして仮伏せしておいたホダ木を椎茸銀行に本伏せのため
皆で運んで櫓に立て掛けた。一部は幼稚園でコッポリづくりに使う竹の小口切りの手
伝い。あとの定例理事会は
・春日奥山古事の森協議会より、古事の森鹿害予防フエンスの補修作業の依頼がり
 11月ごろ作業予定
・学園前幼稚園リトルファンファンより、夏祭りのための竹クラフト(こっぽり・水鉄砲)
 指導の協力要請えの対応
・ボランティア保険更新に際し、コスト削減のための方策の検討(きめ細かく二本立)
・今後のクラフト指導スケジュール等


==以前の活動記録は、HP本体の会報バックナンバーをご参照下さい。==